青汁のエイジングケア効果

年齢と共に増えるシミやしわ、治りにくく跡が残る吹き出物…
毎日のお手入れをしても、次々現れるのがお肌のトラブルです。
でも青汁は、体の内側から肌をガードするエイジングケア効果が。
老化知らずの若い肌を保ちます。

 

青汁に含まれる豊富なビタミンやミネラルが活性酸素を撃退

青汁がお肌にいい理由はたくさんあります。
それは、豊富なビタミンやミネラルの働き。
中でも肌の老化に大きくかかわる、活性酸素の撃退効果は見逃せません。

 

ビタミンA(βカロテン)、C、Eを合わせて、ビタミンエースと呼びます。
その優れた抗酸化力は、エースの名にふさわしい働き。

 

太陽の紫外線などを浴びると、肌の細胞に活性酸素が生まれます。
活性酸素とは、体に必要な酸素の一部が変質して、逆に体を傷つけるようになったもの。

 

すると、肌の細胞膜に待機していたβカロテンやビタミンEは、活性酸素の侵入に対して、自分が犠牲になって、細胞をガード。
この時、傷ついたビタミンEを復活させるのが、ビタミンC。
このようにビタミン群は、チームを組んで肌を守るのです。

 

また亜鉛などのミネラルは、抗酸化酵素の働きを助けるよう働きます。
さらにビタミンB群が皮膚の新陳代謝を促進し、ビタミンCがコラーゲンの合成を助けるなど、新しい皮膚を作る作用も。

 

様々なビタミンやミネラルを含む青汁ならエイジングケア効果が期待できます。

 

 

 

梨花愛用ベジパワープラスはエイジングケアに効果のある青汁